滋賀グリーン活動ネットワーク 活動レポート

  • 2019.03.13活動レポート

    第1回研究会合同会議

    日 時:2019年3月13日(水)13:00~14:55
    場 所:環びわ湖大学・地域コンソーシアム
    出席者:12名
    5つの研究会の代表者が集まり、2019年度に研究会連携で開催する事業について協議しました。

  • 2019.03.03活動レポート

    「ちょうどe!ネットワーク」勉強会 講師協力

    開催日:2019年3月3日(日)
    場 所:大阪市立青少年センター(大阪市)
    主 催:ちょうどe!ネットワーク

  • 2019.03.02活動レポート

    海外エネルギー事情報告会 後援

    「地域エネルギー研究会『海外エネルギー事情報告会』
    ~ドイツ、ハンガリー、アメリカのエネルギー事情から考える~」開催


    開催日:2019年3月2日(土)
    場 所:彦根勤労福祉会館 2階 研修室(彦根市)
    主 催:地域エネルギー研究会
    共 催:NPO法人環人ネット、ひこね市民発電
    後 援:滋賀県、(一社)滋賀グリーン購入ネットワーク
    参加者:30名
    内 容:開会挨拶 地域エネルギー研究会 代表理事 藤田 雅也
        報告1「ドイツの再エネ最新事情お伝えします!(見聞録)」
         (株)滋賀原木 LSS事業部部長 西村 健之氏
        報告2「日常生活で見つかるエネルギー対策
             ~ハンガリーとカリフォルニア州の事例~」
         循環型社会創造研究所えこら代表 藤田アニコー氏
        閉会挨拶 ひこね市民発電 代表 松宮 秀典

  • 2019.03.01活動レポート

    ニュースレター第35号 発行

  • 2019.02.20活動レポート

    平成30年度「グリーン購入法」「環境配慮契約法」基本方針説明会 参加

  • 2019.02.19活動レポート

    2018年度第5回企画部会・第7回20周年事業部会

    日時:2019年2月19日(火)15:00~17:00
    場所:環びわ湖・大学地域コンソーシアム(大津市)
    内容:団体名称および今後の活動・体制について
       20周年記念フォーラム・交流会の内容について

  • 2019.02.15活動レポート

    GPプラン滋賀「2018年度実践講座【後期3】」

    開催日:2019年2月15日(金) 15:00~16:30

    場 所:ピアザ淡海 2階 207会議室

    主 催:滋賀県・(一社)滋賀グリーン購入ネットワーク

    講 師:滋賀県琵琶湖環境部 森林政策課 普及指導係

                           林業普及センター 副主幹 山本 綾美氏

        株式会社滋賀原木 業務部総務課  西村 健之氏

    参加者:実践講座【後期3】63名

    内 容:

       ・はじめに、「「森林保全とグリーン購入」と題して、

        滋賀県琵琶湖環境部 森林政策課 普及指導係 副主幹

        山本 綾美氏にお話しいただきました。

        森林についてのお話を聞くのが初めてだという参加者

        も多く、滋賀県内の森林の現状、今後の方向性がよく

        分かり、森林政策、森林保全の重要性について考える

        きっかけとなったという意見が寄せられました。

       ・次に、「地域資源活用社会を目指して~地域企業が

        果たすべき役割~」と題して、株式会社滋賀原木

        業務部総務課 西村 健之氏にお話しいただきました。

        30年後に人口が4分の1減少するなどを知り、衝撃を

        受けた方も多く見られました。

        人口状況の変化と将来の日本の経済の話がとても考え

        させられ、自社の有り方を検討するきっかけになった

        という意見も寄せられました。

  • 2019.02.15活動レポート

    GPプラン滋賀「2018年度 基礎研修会」

    開催日:2019年2月15日(金) 13:15~14:45

    場 所:ピアザ淡海 2階 207会議室

    主 催:滋賀県・(一社)滋賀グリーン購入ネットワーク

    参加者:基礎研修会7名

    内 容:GPプラン新規登録希望者2名を含む、7名がご参加

        くださいました。ノートのワークショップを含め、

        内容について参加者全員から「満足した」との感想

        が寄せられ、有意義な時間が過ごせました。

  • 2019.02.12活動レポート

    大津市廃棄物減量等推進審議会 出席

    開催日:2019年2月12日(火)
    場 所:大津市役所新館2階 災害対策本部室

  • 2019.02.06活動レポート

    「琵琶湖サポーターズ・ネットワーク キックオフフォーラム」参加

    開催日:2019年2月6日(水)
    会 場:滋賀県危機管理センター プレスセンター

  • 2019.02.04活動レポート

    滋賀県環境審議会 温暖化対策部会 出席

    開催日:2019年2月4日(月)13:00~15:00
    場 所:滋賀県庁 北新館(大津市)

  • 2019.02.03活動レポート

    第12回「淡海の川づくりフォーラム」選考員として参加

    日時:2019年2月3日(日)9:30~16:30
    場所:滋賀県危機管理センター(大津市)
    主催:淡海の川づくりフォーラム実行委員会・滋賀県

  • 2019.01.31活動レポート

    マザーレイクフォーラム「びわコミワーキング」参加

    開催日:2019年1月31日(木)
    場 所:滋賀県庁 北新館(大津市)

  • 2019.01.29活動レポート

    第22回(2018年度第4回)理事会 開催

    日時:2019年1月29日(火)15:00~17:00
    会場:滋賀県庁 本館 会議室(大津市)
    内容:
     審議事項第1号議案 入会の承認について
      第2号議案 補正予算(案)について
      第3号議案 第7回会員総会の開催について
      第4号議案 第4期幹事の選任について
      第5号議案 名誉会長およびアドバイザーの選任について

     報告事項
      1)会員数等について
      2)事業経過について
      3)活動ビジョン目標達成状況について
      4)GPN(全国ネット)の退会について

     協議事項
      1)団体名称の変更について
      2)運営体制について
      3)会費規程の改定について
      4)20周年事業について
      5)理事・監事の改選について

  • 2019.01.28活動レポート

    生物多様性と環境・CSR研究会 企画会議

    開催日:2019年1月28日(月)
    場 所:大津合同庁舎(大津市)
    参加者:7名

    今年度の活動の振り返りと、次年度に開催する予定のセミナーの企画について検討しました。
    次年度は、滋賀グリーン購入ネットワーク20周年でもあるので、各研究会の連携による「SDGs連続講座(仮題)」を開催する予定です。

  • 2019.01.28活動レポート

    ゼロエミ研究会 プラスチックごみに関する情報交換会

    開催日:2019年1月28日(月)
    場 所:大津合同庁舎(大津市)
    参加者:19名

    プラスチックごみが世界的な課題となる中、「ゼロエミ研究会」ではメンバー間の情報交換も兼ねた勉強会を行いました。
    当日は、アミタ株式会社様(滋賀グリーン購入ネットワーク会員)のご好意により、環境戦略デザインチームの近藤さんからプラスチックごみの現状、世界的な動向、国の動き等について情報提供いただきました。目の前の緊急課題となっている事業者様も多い中、熱心な質疑、意見交換が続きました。
    また、こうした情報を多くの事業者や県民に広げるために、一般公開のセミナーも開催しようと、その企画についても検討しました。

  • 2019.01.27活動レポート

    「第18回草津市こども環境会議」1/26参加

    開催日:2019年1月26日(土) 12:30~16:05

    場 所:草津市役所1階ホール、2階 特大会議室

    主 催:第18回草津市こども環境会議実行委員会

    後 援:環境省近畿地方環境事務所

        国土交通省近畿地方整備局

        公益財団法人日本環境協会

        公益財団法人日本自然保護協会

        一般社団法人環境イノベーション情報機構

        NHK大津放送局

        滋賀県、滋賀県教育委員会

        草津市教育委員会、草津市

    出展数:96ブース

    来場者:約500名

    スタッフ参加者:たねや 木田

            滋賀GPN事務局 辻、八太(敬称略)

    内 容:12:00受付開始

        12:30開会式

        12:45エコ活動取材ラリー「ブース紹介」

        13:30エコ活動取材ラリー「交流タイム」

        15:05「こどもと大人の環境井戸端会議」

        15:55閉会式・フィナーレ大合唱

    今年度は有人ブースで、食の研究会の協力を得て出展を

    おこないました。

    エコ活動取材ラリー「交流タイム」では、子どもブースの交流の

    時間と、大人ブースの交流時間が分けられており、大人が子ども

    ブースの見学もでき感想も伝えられたため、有意義な時間と

    なりました。

    大人ブースの時間になると、子ども達が押し寄せてきましたが、

    ブースの通路が狭いためクイズの対応は1組2~3人ずつで、

    順番に対応する形となりました。

    たまたま訪問してくれたのが小学校高学年、中学生、大人のみ

    で、小学4年生で自給率の事を学んでいるので、子ども達は

    興味を持ってクイズに答えてくれていました。

    大人の方はクイズに正解できる方が少なく、自給率について

    驚きの声が多く聞かれました。

    交流の時間が短く、対応できるのが数組だったのが残念でし

    たが、とても有意義な時間をすごせました。

  • 2019.01.25活動レポート

    GPプラン滋賀「2018年度実践講座【後期2】」

    開催日:2019年1月25日(金) 15:00~16:30

    場 所:G-NETしが 視聴覚室

    主 催:滋賀県・(一社)滋賀グリーン購入ネットワーク

    講 師:株式会社 山久 環境事業部長 森田 基仁氏

        山室木材工業株式会社エネルギー事業本部 部長 清水 国行氏

    参加者:実践講座【後期2】40名

    内 容:<実践講座【後期2】>

        ・はじめに、「ISO環境からエネルギーへの取り組み

         と社員教育について」と題して、株式会社山久 環境

         事業部長 森田 基仁氏にお話しいただきました。

     エネルギーの話は難しいところ、わかりやすくお話

     いただいたと参加者からも感想が寄せられていまし

     た。長年取り組まれていたことの事例を一つずつ

     丁寧にお話いただきました。

     長く環境に取り組むことで意識は社員に周知される

     ことへの気づき、新たに何ができるか、もう一度考

     えるきっかけになったと感想が寄せられていました。

        ・次に、「木質バイオマス資源を利用した再生化のエネ

         ルギー事業の可能性」と題して、山室木材工業株式

         会社エネルギー事業本部 部長 清水 国行氏にお話

         いただきました。

         木質バイオマス発電所の仕組みについて詳しくお話

         いただき、地産地消はエネルギーでもできることを

         参加者に伝えていただきました。地域でエネルギー

         を有効利用するサイクルが確立されていて、地域

         貢献の高さに感銘を受けられた方が多くおられ

         ました。

  • 2018.12.24活動レポート

    会員講師派遣「京都産業大学 ソーシャル・ガバナンス論」3

    開催日:2018年12月21日(金)
    場 所:京都産業大学
    派遣講師:
     滋賀県 交通戦略課 参事  芝 久生氏
     輪の国びわ湖推進協議会  南村 多津恵氏


    【講師からひとこと】
     ソーシャル・ガバナンス論? 滋賀の公共交通のことをどのような内容で話をしようかと正直思いましたが、交通が持つ特性、いわゆる本源需要ではなく、移動したい!移動せねば、運びたい・・など様々な派生的な需要によって成り立つもので、交通自体では変えることができないけれど、あることによって様々な影響や効果がある。そういった視点で「地域モビリティの課題~これからの取組への一方策について~」というタイトルで話をさせていただきました。
     人口減少・少子超高齢化が進展する社会情勢化において、現在の滋賀の公共交通の状態がどうなっているか、そして公共交通を県としてどう考えているのか?公共交通を活かすためのMM(モビリティ・マネジメント)やエコ交通の取組さらに、インターネットがあらゆるモノとつながるICT、IoT等の情報通信技術の発展と合わせて新技術として自動運転技術やモビリティのサービス化と呼称されるMaaS(Mobilty as a Service)いった新たな交通サービスの動向などをお話させていただきました。
     このような機会を頂き、私も自分の仕事・業務のことを改めて見つめ直すことができ感謝しております。
     これから、様々な分野でご活躍を期待される学生の皆さんの将来に期待しております。また、機会があれば、就職先として滋賀県庁を選択いただき、是非、一緒に仕事をしませんか!お待ちしてます!
      滋賀県 交通戦略課 参事 芝 久生

     県の施策のお話を受け、民間の立場からは交通問題にどのように取り組んでいるのかをお話しさせていただきました。
     輪の国びわ湖推進協議会の発足に至るまでの仕掛けから、設立後しばらくのビワイチ推進を中心とした活動、次のステップの一つとして、滋賀GPNのエコ交通研究会で、エコ通勤などの自動車利用を減らす取組を広めるため、セミナー開催など発信を続けていることをお伝えしました。
     滋賀GPNと各参加企業、滋賀県、輪の国びわ湖がパートナーシップを組むことで各々が単体で動くより大きな成果が上がることを説明し、違う立場の相手と組もう、あきらめず長期展望を持ってじっくりやろう、とこれから社会に出る学生さんへのメッセージとしました。
     経営学部の学生さんには馴染みのない話だったと思いますが、熱心に聞いていただいたのではないかと思います。ありがとうございました。
      輪の国びわ湖推進協議会 運営委員・
      滋賀GPNエコ交通研究会 事務局 南村多津恵


    滋賀GPNでは、グリーン購入の普及と会員の活躍の場の創出のために「会員講師派遣事業」を行っています。
    交通政策がテーマとなった今回、「エコ交通研究会」という場に、行政と民間から違う立場で参加し協力し合うことで、単独ではできない成果を挙げているという話を、学生の皆さんも興味深く聞いてくださったようでした。ご出講いただいた芝さん、南村さん、お世話になりありがとうございました。


     

  • 2018.12.14活動レポート

    会員講師派遣「京都産業大学 ソーシャル・ガバナンス論」2

    開催日:2018年12月14日(金)
    場 所:京都産業大学
    派遣講師:
     琵琶湖汽船株式会社 代表取締役社長  川戸 良幸氏
     びわ湖放送株式会社 代表取締役社長  東 清信氏

    【講師からひとこと】
     滋賀GPNの依頼を受けて、京都産業大学「ソーシャル・ガバナンス論」(経営学部 准教授 宮永健太郎氏)の特別講義に、100名以上の学生さんを前に、現在の当社の取組と今後の展開について講演をして来ました。
     現在、滋賀県下では、環境配慮・対応型の経済・社会での取組に、環境先進県として積極的な取組が進められています。当社、観光船運航事業者も、沖島や琵琶湖周辺の山・里・湖の保全・活用に主たる事業として三方よしに取り組んでいる現状を講演しました。そして、今後は、環境だけでなく、「SHIGA戦略的CSR経営モデル2030年」を理念に、「SDGsな」社会課題の解決に向けた、企業と住民によるネットワークでの協働とソーシャル・ガバナンスの共創に積極的に取り組んで行く必要性について講演して来ました。
    学生さん達の真剣な眼差しに、元気を頂きました。
      琵琶湖汽船株式会社 代表取締役社長 川戸 良幸

     京都産業大学経営学部において、ソーシャル・ガバナンスについて話をしました。まず、びわ湖放送の紹介とTV業界の現状と課題について、NHKと民放を比べながら説明した上で、今の学生が何から情報を得、何で動画を見ているのかを質問しましたが、答えは圧倒的にスマホで、若者のテレビ離れを痛感しました。
     後半は、ソーシャル・ガバナンスの観点から「日本の人口減少問題」について、どのように対処すべきかについて、1941年に閣議決定された「人口政策確立要綱」~産めよ殖やせよ~と2016年に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」~希望出生率1.8~とを対比しながら説明し、学生の意見を聞きました。
     社会の子育て環境が整えば「何人か産んで育ててもいいが、あくまでも個人の判断で、国のためではない。」といった意見が多かったのですが、もう少し議論を深めたかったところです。
      びわ湖放送株式会社 代表取締役社長 東 清信

    滋賀GPNでは、グリーン購入の普及と会員の活躍の場の創出のために「会員講師派遣事業」を行っています。京都産業大学「ソーシャル・ガバナンス論」2回目の講義は、琵琶湖汽船株式会社 代表取締役社長の川戸 良幸さんと、びわ湖放送株式会社 代表取締役社長の東 清信さんに講師をお務めいただきました。学生たちとのディスカッションもありで、楽しい講義となりました。ご出講いただいた川戸さん、東さん、お世話になりありがとうございました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. »
ページの先頭へ