滋賀グリーン活動ネットワークからのお知らせ

2020 . 01 . 29お知らせ

【SGN後援事業 】持続可能なエネルギーとまちづくりセミナー2~気候危機 いま私たちのなすべきこととは~(3/8)

オーストラリア全土で猛威を振るう森林火災の甚大な被害が報道されています。このような大規模な山火事をはじめ、世界の各地で記録的な高温や豪雨、強大化する台風など、気候変動の影響が顕在化し被害が増大しています。我が国も例外ではありません。

気候非常事態宣言(CED=Climate Emergency Declaration)という運動が広がっています。オーストラリアで始まった運動で、新たな化石燃料プロジェクトを禁止し、それに沿った政策、計画、キャンペーンの立案実施を求めるもので、この数年で世界では1000を超える自治体に広がっています。日本でも昨年からようやくその動きが始まりました。
この非常事態を乗り越えるためには、行政だけでなく、企業や全ての市民が自分事として行動することが望まれています。

このため、東京大学 名誉教授の山本良一先生を招いて、世界の気候変動対策と我が国の状況についてお話いただき、自らのなすべきことについてディスカッションするセミナーが開催されます。
滋賀グリーン活動ネットワークも後援します。ぜひご参加ください。

※参考:急速に拡大する世界の気候非常事態宣言についての考察
 https://www.zenkoku-net.org/topic190830.php

【日 時】2020年3月8日(日)13:30~16:40
     ※フューチャー・ラボ見学希望者は、13時集合
【場 所】フューチャー・ラボ(守山市吉身二丁目)

【主催者】環人8プラス(カンジンエイトプラス)
     地域エネルギー研究会
     滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークル
【後 援】一般社団法人滋賀グリーン活動ネットワーク
【協 力】NPO法人環人ネット
【定 員】60名  【参加費】無料  ※どなたでも参加できます。

【プログラム】
・基調講演「世界で急速に広がる気候非常事態宣言と動員計画、持続可能なエネルギーの利用を含めて」
   東京大学 名誉教授  山本 良一氏


・報告「"しがCO2ネットゼロ"ムーブメント」の取組開始について
   滋賀県温暖対策課 課長  天野 孝志氏


・フロアトーク&ワークショップ
 「気候危機 いま私たちのなすべきこととは」
   コーディネーター:滋賀県立大学 講師  上田 洋平氏


 ※滋賀県地域エネルギー活動支援事業補助金を活用して開催します。
 ※会場にて「フードドライブ」を行います。ご家庭に不要な食品(未開封・賞味期限内のもの)がありましたら当日お持ちください。

●お申込みは、所属・名前・TEL・メールアドレス・見学会参加の有無を記入して、kan8plus@gmail.com へメールで送信してください。
 必ず「件名」に「3/8まちづくりセミナー2申込」とご記入ください。

【申込・問合せ】
 環人8プラス事務局 mail:kan8plus@gmail.com

※案内チラシ(PDF)

※環人8プラスとは
 滋賀県立大学「近江環人地域再生学座」を修了した「近江環人8期生」社会人学生を中心に設立。環境と調和した循環型の地域づくり、地域再生をテーマに活動中。
※地域エネルギー研究会とは
 滋賀グリーン購入ネットワーク(当時)の元自治体役員と事務局を中心に、2015年に設立。エネルギーの地域自立を目指し、省エネ、再エネの推進、普及啓発等に取り組む。
※滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークルとは
 グリーンコンシューマーの増加を目的に、1997年より活動している学生サークル。現在は県立大学生協へのエシカル商品コーナー設置に注力している。

ページの先頭へ